≪Menu
 ’同棲’・・・その前

夕方、教室で帰る仕度をしているオレのポケットで、携帯電話が振動した。


「はい」


電話に出ると、オヤジの興奮した声が飛び込んできた。


「直樹か?お前、相原琴子って女の子知ってるか?」


―はぁ?


オレは耳を疑った。
それは、昨日からオレをずっと悩ませているF組の女の名前。
昨日オレに振られて、地震で家が壊れて、不幸のどん底にいる女の名前。


昨日からどれ程、クラスメイトや見ず知らずの生徒達にからかわれたことか・・・


もちろん、オレは何も悪くない・・・
差し出された手紙を、受け取る、受け取らないはオレの自由だ。
それでも、人の噂はあることないこと継ぎ足して、雪ダルマのように膨れていく。



オレは、肩とあごで電話をはさむと、教科書をバッグに入れながら答えた。
「知ってるけど、その人がどうしたの?」


「おお、知ってるのか!!」
オヤジは、ほとんど絶叫に近いような歓喜の声をあげ、しばし沈黙した。


―??


そして、次に聞こえてきた言葉に、オレは卒倒しそうになった。
「その琴子ちゃんだが、今日から我が家で一緒に暮らすことになったから、よろしくな。
琴子ちゃんのお父さんと、わしは学生時代からの大親友なんだよ!」



―大親友? 一緒に暮らす? 


オレは、あまりの驚きに絶句したまま、何も言えないでいた。



「じゃあ直樹、そういうことだから、今日は早く帰ってきなさい・・・」
オヤジは一方的にそう言うと、電話を切ってしまった。


「そういうことって、オヤジ!・・・ちょっと、まっ・・・」
我に返った時は、すでに後の祭りだった。



あの女と一緒に暮らす??



―ばかげた話だ!



オレは、とにかく家に帰ろうと、教室を後にした。



すると、学校の中庭に大きな人だかりが出来て、なにやら騒いでいる。


オレは、関心なくその人だかりの中を抜けようとした。


ところが、その人だかりは、昨日入江直樹に振られ、地震で
家をなくした可愛そうな相原琴子に、カンパを募るものだった。


オレは、まるで当事者のように囲まれ、カンパを無理強いされた。


―なんでオレが金を払わなくちゃならないんだ?


あの女の家が壊れたのでさえ、オレが悪いような言い方をされ、F組の奴らのやることに、
怒りを通り越して、あきれてしまった俺は、その場をやり過ごすために、一枚の紙幣を募
金箱に入れようとした。



その瞬間・・・
「バカにしないでよ!」
あの女が、啖呵を切った。


「あんたを二年も思ってたなんて、もったいない。あんたのお恵みなんていらい!」
あの女は、すごい剣幕でまくしたてた。


オヤジからの電話が脳裏をよぎる・・・


「そんなこと言えるの?」
オレは、口元に笑みさえ浮かべてあの女にささやいた。
もちろん、あの女には、その意味さえ理解できないだろうが・・・



オレは、まわりの奴らを一瞥して、その場から立ち去った。



「あんたの世話になる理由なんてないわ・・・大っきらい!」
さらにあの女の声が追いかけていた。


―ふん、あとで泣きっ面かくなよ・・・


オレは、胸の奥底から湧き上がる怒りを、なんとか鎮めながら家路を急いだ。




帰宅すると、家の中は大変なことになっていた。


女の子がこの家に住むということで、オヤジ以上にテンションの上がっていたのがオフク
ロだった。


ずっと女の子を欲しがっていたから、無理もないが
弟の裕樹を部屋から追い出して、その部屋をあの女に使わせることに
したのには、さすがに腹が立った。


必然的に、裕樹の行き場はオレの部屋ということなる・・・


鼻歌まじりに、嬉々として元裕樹の部屋を、飾り付けているオフクロを
横目に、オレと裕樹は納得いかない気持ちでふてくされていた。



―いったいこれからどうなるんだ?


心に広がる不安と不満を、なんとか理性で押さこむ。


―とにかく、オヤジとオフクロが決めたこと・・・仕方がない。


そんな時、階下で玄関のチャイムが鳴るのが聞こえた。



ほどなくして、オヤジがオレを呼ぶ声が聞こえてきた。
「お兄ちゃん!お兄ちゃん、降りて来なさい」



オレは重い腰をあげて立ち上がった。
―フッ・・・あの女どんな顔するだろう・・・まあ、ただではおかないさ。
 
オレは、笑顔をつくると門の外へ出た。
「おじさん、はじめまして長男の直樹です」


すぐ目の前に、あの女の背中が見えた・・・



                                          END


Menu