≪Menu
 会いたくて 〜Naoki〜

まさか、琴子と金之助が一緒にいるところに出くわすなんて・・・


見上げた天井が、やけに遠く感じる。
オレは、今日の出来事を思い出しながら、虚しさと憤りの境をさまよっていた。

―琴子・・・帰って来てるんだろうか?

オレは無意識に部屋を出ていた。
意味も無くホールを彷徨う様は、まるで今のオレのココロそのものだった。


金之助のことを彼氏かと聞いた沙穂子さんに、琴子はそうだと答えた。
あの時の胸の痛みをどう表したらいいだろう・・・
まるで、むき出しの心臓をわしづかみにされたような気さえした。


その痛みが今も消えない・・・

それなのに、オレはまた言葉の刃で琴子を傷つけた。
オレが浴びせる侮蔑の言葉に席を立った琴子に、さらに追い討ちをかけるようにオレ
は言ったんだ。
「お前ら、本当にお似合いだよ・・・」

沙穂子さんが隣にいることすら忘れて、波立つ感情を抑えられなかった。
本当は、琴子の目をまともに見ることさえ出来なかったのに・・・
やっと振り向いたオレの視界に、走り去る琴子の背中が見えた。
そして、やっぱりオレはいつものように後悔していた。

―またあいつを泣かせた・・・

でも、琴子には今はもう金之助がいて、オレのこんな後悔なんて関係ないのかもし
れない。

―本当にそうなのか?・・・あいつの心には、オレはもういないのか?

テラスに立つオレに、夜風が容赦なく吹き付ける。
まるでオレを試すように・・・迷うココロをあざ笑うように・・・


琴子の部屋の前に立ってみる。
固く閉ざされたドアは、オレの前では決して開かないように思えた。
もし、今この瞬間に琴子と顔を合わせたら、オレはどうするだろう?
またココロにもない言葉を投げつけてしまいそうだ。

それなのに、オレはここから立ち去ることができないでいる。

思えば、全てオレが決めたことじゃないか・・・
琴子に「男をつくれ」と言ったのも。
オヤジの会社を継ぐことにしたのも。
沙穂子さんとの結婚を決めたのも。

そして、その全てが思い通りに進んでいる。


それなのに・・・


どうしてオレのココロは、こんなに空っぽなんだろう?


琴子・・・


どうしてオレは、今こんなにもお前に会いたいんだろう・・・



                                          END



Menu