≪Menu
 会いたくて 〜Kotoko〜

まさか、入江君と沙穂子さんのデートに出くわすなんて・・・


こんな時、いつもなら涙でぼやける天井が今日ははっきり見える。

―今日は、もう涙も出ないや・・・

私は、何をする気にもなれず虚ろな心のままベッドに寝転んでいた。


悔しいけど、お似合いの二人だった。
私じゃ釣り合わないのはわかっているけど、でも入江君の隣に座っているのは私で
あって欲しかった。
二人が一緒にいるところなんて、見たくなかった。
沙穂子さんの幸せそうな顔が、憎らしかった。


―入江君、もう帰って来たかな。

私は無意識に部屋を出ていた。
カーテンを揺らす風の冷たさとひとりぼっちの寂しさに、体と心が一緒に震えた。


入江君の部屋の前に立ってみる。
私にはもう、ドアをノックする勇気すらないみたい・・・
私の大好きな入江君は、たったドア一枚の向こう側にいるのに、私の前に立ちはだ
かる壁はどんなにがんばっても、もう越えることは出来ないんだね・・・


入江君は、沙穂子さんと結婚する。
この事実をどうしても受け入れられなくて、いくつの眠れない夜を過ごしただろう。
どんなに冷たくてもイジワルでも入江君が誰のものでもなければ、私はずっと入江
君を好きでいられたのに・・・

―どうやったら忘れられるんだろう?

もう、想うことも許されないのなら、このまま夜の風に紛れてどこかへ消えてしまい
たいとさえ思うよ。


「お前ら、本当にお似合いだよ」
入江君に言われたことが、どうしてこんなに悔しいの・・・
どんなに紛らそうとしても、涙はあとからあとから零れ落ちた。


でもね、こうしてひとりになれば、やっぱり私は入江君のことばかり考えている。
あきらめなきゃいけないことは・・・忘れなきゃいけないことはわかってるんだけど。


私・・・金ちゃんを好きになれるかな・・・


ねえ入江君・・・今何してる?誰のこと考えてる?


ねえ入江君・・・今、無性にあなたに会いたいよ・・・



                                          END



Menu